アルトコインとは?人気の種類とおすすめランキングまとめ

f:id:nsys:20180117143237j:plain

どーもー!!
アラフォービットコイニストのびち子です!
日々、仮想通貨について調べまくってる主婦です。

今回は、アルトコインについてお話しします。
・そもそも何者なの?
ビットコインと何が違うの?
・種類が多すぎてよくわからない。

うんうん、びち子も最初はそうでした。
そこで今回は、今急成長中のアルトコインについて根こそぎ語っちゃいます。
読めばあなたもアルトコイニスト!
アルトコインの全てがわかりますよ~。

アルトコインとは?

とその前に、ちょっとだけビットコインのお話を。
ビットコインは今バブル真っ盛り。
有名だし、人気だし、価格も上昇し続けてる。

一方、アルトコインはまだまだこれからよね。
売れっ子のビットコインとは違って、駆け出しのアイドルってところかな。でも、中には金の卵が紛れている可能性も十分ある。

そんな夢のあるアルトコイン。英語でAlternative coinと言って「ビットコインの代わりになるコイン」を意味するの。
つまりビットコイン以外のすべての仮想通貨の総称みたいなものね。

種類は驚くことなかれ!
ザっと3000種類以上あるのよ。
しかも毎日新しい種類が生まれ続けているっていう・・・。

えー!!
そんなにあると、どれがいいのかサッパリ・・(涙)
だよね~。
びち子もそう思う。
というわけで、四の五の言わず、人気のアルトコインを調べてみたわよ。
早速どうぞ。

アルトコイン国内人気ランキング

日本国内で扱ってるのは約20種類。

2018年国内時価総額ランキング

1位:イーサリアム 
2位:リップル
3位:ビットコインキャッシュ
4位:ライトコイン
5位:ネム
※CryptoCurrency Market Capitalizationより。

じゃあ、1つずつ見ていくわよ!

イーサリアム 

(1ETH=10万前後)

ポストビットコイン的な存在。
ビットコインに次ぐ時価総額
価格も上昇中。
でも、ビットコインの10分の1と手が出しやすい。
その他、信頼性が高いのが特徴。
JPモルガン、トヨタUFJが出資。
最後に、使いやすさも◎。
ビットコインは取引に10分かかるが、イーサリアムはリアルタイムにできる。

リップル

(1XRP=13万前後)
金融機関から人気の仮想通貨。
現在、100社以上の金融機関と提携し、送金サービスに使われている。
とくにみずほ銀行三菱東京UFJといった大手のメガバンクも参加している。
なので、将来的にもっとも信頼性の高いコインと言われてるわね。

ビットコインキャッシュ

(1BCH=20万前後)
ビットコインから分裂した仮想通貨。
2017年8月、ビットコインの分裂によって生まれた。
まだ半年しか経ってないけど、時価総額ランキング3位につけている。
一回急落したけど、その後上昇中。
アルトコイン投資家からも注目の通貨。

ライトコイン

(1LTC=2万前後)
あのGoogleのエンジニアが作った仮想通貨。
一般向けに作られたのが特徴。
そのため実用性重視なのよね。
まだ使える場所が少ないものの、実際に使える数少ない通貨の1つ。
その他、承認スピードも速く実用重視なのは納得よ。
あと、発行量上限が8400万枚もあってビットコインの4倍なの。
これも一般向けに作られた由縁ね。

ところが、知名度はいまいち。
ビットコインイーサリアムに比べちゃうとね。
今後、知名度が上がればさらに上昇も!!
期待大の仮想通貨よ。

ネム

(1XEM=10万前後)
利用者を「重要度」分けしているのが特徴。
NEM保有量と取引回数が多いほど重要度が高い利用者となる。
新たにコインが発行されないのも特徴。
つまり、現在発行量が上限に達している。

その他注目のアルトコイン

ダッシュ  

(1DASH=10万前後)
匿名性が高いのが特徴。
ビットコインは誰から誰にと追跡できるのに対して、ダッシュはできないようにしている。
そのため、マネーロンダリングに使われることも・・・。
その代わり、取引スピードが4秒と驚異的に速い!
根強い人気を保っている。

モネロ

(1XMR=5万前後)
ダッシュと似て匿名性が高いのが特徴。
送金内容を分割して匿名性を高めている。
誰から誰に送ったのか追跡が嫌な利用者に人気。

 

とまあ・・・
アルトコインと言ってもいろいろあるわけよ。
中でも上記は価格も安定してるし、人気もあるからオススメよ。
アルトコインの最大のメリットは価格が低めなこと。
100万を超えるビットコインに比べると、数万程度で買えちゃうからね。

アルトコインの買い方注意点

とはいえ、アルトコインはまだまだ発展途上の仮想通貨。
これからどれが上昇するかなんて予測できない。
実績がない分、リスクが高いのよ・・。

その一方で、ドーンと爆騰する可能性も持っている。
うーん、悩みどころね。
でも、今なら安い、しかも伸びしろがある。
だったら、「今のうちに買っておこう!」って思っちゃう。

そこで、びち子がアルトコインを買うときの注意点をまとめてみたの。
もう少しだけつきあってね。

1.時価総額の高いものを選ぶ

まだまだバブルを迎えていないアルトコイン。
「今のうち買っときや~」と言われても、何を基準に選べばよいのかわからないわよね。
その基準が時価総額なの。
時価総額が高いアルトコインは、利用者の期待度が高いってこと。
必然と、取引量も多くなるし、流動性もある。
つまり時価総額の高いアルトコイン=狙い目となる。

2.国内で扱っているものを選ぶ

20種類のアルトコインなら、どれも日本の取引所だし、日本語でやり取りできるし、日本円で購入できる。だから、安心だし、安全だし、安易よね。

これが海外の取引所となるとそうはいかない。
英語を理解して、ドルを扱うことになるからややこしい。
とくに初心者にはハードルが高過ぎるわね。
取引するだけでもドキドキなのに、英語って・・・。
まずは、国内で扱っている物のなかから選んで試してみるべき。

3.数種類に分散して買う。

言い換えるなら、1点買いで高額投入はキケン!てことね。
アルトコインは値動きが予測しづらいから。
まだまだ実績は少ないし、ビットコインほど知名度が高くないの。
万が一急落したら目も当てられない・・。だから、分散して買った方がいい。
つまり、いくつかのアルトコインをちょっとずつ買うこと。

実際、イーサリアムみたいに短期間で10倍に上昇するものもあれば、全く上昇しないものもある。数打ちゃ当たるじゃないけど、種は沢山まいた方がチャンスも増えるから。

まとめ

アルトコインは今最もアツい仮想通貨よ。
だけど種類が豊富過ぎて迷っちゃうわよね。
国内だけで20種類あるもの。
とくにイーサリアムリップルビットコインキャッシュあたりは有力株ね。

でも一点買いは辞めよう。
2つ3つ、分散して買ってみるべき。
是非、時価総額を基準に選んでみてね。
びち子も、人気ランキング上位3位を少額ずつ。
やってみようと思ってる。
急落は怖いけど、第2のビットコイン誕生!の可能性だってあるからね。
みんなも考えてみてね。
それじゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>