ビットコインの歴史。主婦にもわかる誕生から現在までの軌跡

f:id:nsys:20180111140514j:plain

ビットコインを始める前に、ビットコインの素性を知りたい。」
どこで生まれて、誰が絡んで、どうやって今に至るのか?
それは信頼できる代物なのか?
この目で確かめておきたいと思いました。

とくにビットコインは歴史が浅いですからね。

円は約150年。
ドルは約230年。
ユーロですら約10年以上あります。
しかも上記3つは、実在する通貨です。
それに比べてビットコインは数年の歴史。しかも実在しない仮想通貨なんです。

 

さすがに得体のしれない相手を信用できません。

そこで、ザックリ、ざざーっと、ビットコインがどうやって日本にやってきたのか?どのくらい急成長をしているのか?その軌跡を丸ごと追いかけてみました。

 

ビットコイン誕生の概要

今から9年前、2009年に海外で生まれたビットコイン

当時はほぼ0円、価値のない仮想通貨でした。
そこから、アメリカ、EU、中国と様々な国で法定通貨の取引が始まり・・。

3年前、日本へ本格的に入ってきた。当時は1BTC=5万円。

2017年になってグングン上がり、年末から今に至ってはバブル並みの上昇率。1月現在1BTC=189万となっている。

※BTCとはビットコインの単位。日本円なら「円」の部分ね。  

かんたん歴史年表

2009年1月 ビットコイン誕生! (1BTC=0円) 

「サトシ・ナカモト」と言われる人物が論文を書き、その論文を見たプログラマー陣がコードを書いてネットでプログラムをスタート。
その後、とあるソフトウェア開発者にビットコインを送信したのが最初。

なんか映画みたいなストーリー。なかもとさん?は日本人ぽい名前だけど、謎らしい。まだまだ個人レベルのやり取り。まあ、誕生当時は価値がなかったわけだ。

 

2009年10月 ビットコイン法定通貨間の取引開始。(1BTC=0.07円)
New Library Standardで開始。 会社みたいだけど個人のハンドルネーム。まだスケール全然小さいよね。

2010年5月 初取引 (1BTC=0.2円)
フロリダのプログラマーがピザをビットコインで買う。物々交換成立。通貨としての価値を持った瞬間。

ピザ2枚=1万BTC。ピザってところがっぽいね。今の価格で換算すると約200億!ピザ1枚100億!?たかっ!
ちなみに、5月22日はビットコインピザデイらしい。アメリカーン。

2010年7月 ビットコイン取引所Mt.Goxスタート。(1BTC=0.7円)

やがて世界最大の取引所となる。 

 

2011年3月 日本に本社があるTibanne社がMt.Goxを買収。(1BTC=74円)

日本国内の最初の取引所となる。

お!日本が出てきた!そろそろだね。じんわり価格が上がってきた。このとき買ってた人すごいよね。

 

2011年4月 大手メディアの TIME誌がビットコインの特集を行う。

大手が報じると信頼度が一気に跳ね上がる!!「あのタイム誌が!」なんて聞くとアメリカ人じゃなくても買っちゃいそう・・。

 

2011年6月 急速にビットコインが上昇 (1BTC=約1500円)
メディアに取り上げられたため。

メディアの力。やっぱ上がるよね~。

 

2012年5月 違法行為に使われる可能性が高いというFBI資料流出。(1BTC=400円)

価格ダウン。

いろんな偉い機関が目をつけるよね。信用=価値=価格の構図が見えてきた。

 

2013年3月 キプロス危機。ユーロへの信頼低下でビットコイン人気UP。 (1BTC=約4600円)

危機がチャンスに。 しかもこの後中国の富裕層がビットコインを爆買いし更にUP!!

 

2013年3月 アメリカでビットコインATM設置 (1BTC=5800円)

「いつでも気軽にビットコイン」だね。

 

2013年12月 日本のNHKビットコイン初特集 (1BTC=123000円)
その後、最高価格127,800円をつける。

NHKのパワーすげー!!もう10万超えてるね。

 

2014年2月 当時の最大の取引所Mt.Goxが破綻!?
損失30億円。信頼ががた落ち。その上社長の横領疑惑が発覚。

日本でも連日ワイドショーで報じられてたよね。このとき、「あ、終わったな」って思った気がする。

ところが・・・ここからが、仮想通貨時代の始まりだったみたいね。そりゃ予想できまへんわ。

 

2014年4月 日本での仮想取引サービス開始。(1BTC=約5万円)

ここから日本でビットコインを取引するようになったわね!

5万でも今の189万に比べると買い時だったのよね。でも、簡単に手が出せる金額じゃない。なんだか金銭感覚がマヒしてきたわよ(^^;)

 

2014年5月 bitFlyerサービス開始。

おお!知ってる知ってる!CMで見た見た。

 

2014年6月 bitbankサービス開始

うんうん!知ってる!

 

2014年7月 米Desll社がビットコイン決済開始

アメリカは何でも早いね。

 

2014年12月 米マイクロソフト社がビットコイン決済開始

当然MSもやるよね。

 

2015年6月 ニューヨーク州ビットコイン規制発表
ビットコイン事業を免許制へ。

あからさまに規制が入りだした。それだけ市場価値が上がってる証拠。

 

2016年3月 DMM.comビットコイン決済開始。日本発。
※会員数1,900万人

おおー!DMM?ダイレクトメール?良くわからないけどやったね!

 

2017年1月 約15万円 2013年以来の史上最高高値

おっとー!!なんか盛り上がってきたぞ。

 

2017年1月 中国の取引高減少。投資の過熱を規制。

ちょっとトーンダウンするよね。

 

2017年4月 金融庁より法律内で規定する改正資金決済法施行

政府が入ると窮屈だけど安心はするよね。

 

↓↓ここからが怒涛の勢い!もう、だれにも止められない。うなぎ上りの上昇率。
2017年6月 1BTC=約27万
2017年9月 1BTC=約50万
2017年11月  1BTC=約70万
2017年12月  1BTC=約100万
2018年1月 1BTC=約150万以上 

 

まとめ

とまあ、こんな感じでビットコインは急成長を成し遂げました。

今後どうなるのか?

更に増えていくのか?

それとも加速ダウンするのか?

はたまたバブルがはじけちゃうのか??

とにかく目が離せません。
歴史の波に乗り遅れないように、しっかり成り行きを見届けたい。
これからも、ビットコインの歴史はつづく・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>