離婚したら家はどうしたらいい? 損しないための財産分与

離婚時に一番もめる問題、それは家をどうするかという問題です。
 
・夫が出て行き、妻が家に住み続ける
・妻が出て行き、夫が家に住む続ける
・家を売却する
 
離婚すると、この3つのパターンになります。
それぞれのパータンごとに夫と妻の両方の立場から、損しないためにどうしたらいいかをQ&Aでまとめました。
※家の条件は、所有権 夫、ローンの名義人 夫と仮定します。
 

妻が住み続けるケース

Q家の財産分与はどうしたらいい?
:妻へ財産分与の請求をしましょう。
なぜなら、家の価値の半分をもらう権利があるからです。
 
財産分与の請求をしないと、家は妻のものになるだけであなたには何も残りません。
 
:財産分与しないでおきましょう。
財産分与してしまうと、家の価値の半分を夫に現金で払うことになるので、離婚後の資金繰りが難しくなってしまいます。
 
ただ、財産分与しないのであれば、家以外の財産はあきらめるしかありません。
 
 
Q家の所有権はどうしたらいい?
:2つのパターンがあります。
1つは所有権を妻に移転してスッキリさせることです。
妻に移転させないと、自分が住んでもいないのに固定資産税の請求がきてしまいます。
もう1つは、所有権をそのまま自分のものにしておくことです。
資産として残すことができるので、お金に困ったときに売却することもできます。
ただし、妻とは相当もめると思いますが・・・
 
:所有権を自分へ移転させましょう。
所有権を持つものが、家の売却や賃貸にするなど自由に決めることができるからです。
所有権が夫のままだと、夫が勝手に売却してしまい、追い出される可能性もあります。
 
Q残りのローンはどうしたらいい?
:妻に払ってもらいましょう。
自分の家賃の支払いがあるので、離婚後生活が苦しくなってしまいます。
 
夫が住宅ローンと家賃の2重家賃を支払っているケースは多いです。
ただ、後になって住宅ローンを払いたくなくなり妻と揉めることもあるので、初めから妻に払ってもらうようにしたほうが良いでしょう。
 
:できれば自分で払いましょう。
夫に払ってもらえば、あなたの生活は楽になりますが、リスクが大きくなります。
夫はあなたの住む家のローンを払い続けてくれる保証はありません。
ローンの滞納が続くと一括返済を求められたり、競売にかけられたりと、あなたが家に住むことが難しくなってしまいます。
 
 
Qローンの名義はどうしたらいい?
:妻名義に変更しましょう。
将来、あなたが再婚して新しい家庭を築いても、住宅ローンが組めません。
 
ただ、妻の名義に変更するのは難しいので、妻からローンは払うから名義はそのままにしてほしいとお願いされるケースがが多いです。
 
:自分名義のローンにしましょう。
ただ、今のローンを夫から妻に名義変更することは、なかなか銀行が認めてくれないので正直、難しいです。
新しく妻名義でローンを組んで、今までの夫の名義のローンを一括返済するローンの借り替えが一般的です。
ただし、妻に返済能力がないとローンの借り替えも難しいです。
 
Qローン名義を変更できない時は、どうしたらいい?
:所有権は妻に移転してはいけません。
あなたにはローンしか残りませんよ。
 
妻には賃貸契約を結ぶと良いでしょう。
 
:夫に賃貸契約にしてもらい、ローンが支払いが終わってから、名義変更してもらうよう、公正証書などに残しておきましょう。
口約束だけにしておくと夫が勝手に家を売却してしまうかもしれません。
 
ローンの名義変更ができないのなら、所有権も移転できません。
 
Qオーバーローンだとどうなる?
:財産分与の請求ができません。
オーバーローンは、マイナスの資産になり財産分与の対象外になるからです。
妻が住むなら、残りのローンを払ってもらい折り合いをつけることで損をしません。
 
:財産分与しなくても、大丈夫です。
オーバーローンは、マイナスの資産になり財産分与の対象外になるからです。
ローンも家も引き取る形で、話を進めましょう。
 
 

夫が住み続けるケース

Q家の財産分与はどうしたらいい?
:財産分与しないでおきましょう。
財産分与してしまうと、家の価値の半分を妻に現金で払うことになるので、離婚後の資金繰りが難しくなってしまいます。
 
ただ、財産分与しないのであれば、家以外の財産はあきらめるしかありません。
 
:夫へ財産分与の請求をしましょう。
なぜなら、家の価値の半分をもらう権利があるからです。
 
財産分与の請求をしないと、家は夫のものになるだけであなたには何も残りません。
 
Q家の所有権はどうしたらいい?
:所有権はそのまま自分のものにしておきましょう。
所有権の半分を妻に渡すと、トラブルの原因になるからです。
 
将来、家を売却したくなっても妻の同意が必要になり、売却代金まで取られてしまう可能性もあります。
 
:所有権は夫のままにしておきましょう。
財産分与として現金をもらったほうが得だからです。
 
ただし夫が家を売却しようが賃貸にしようが、一切口出しはできません。
それが嫌なら所有権の半分をもらっておくこともできます。
 
 
Qローンはどうしたらいい?
:自分名義のまま、払い続けるしかありません。
夫名義で夫が住むなら、妻に払ってもらう権利がないからです。
 
離婚すると、自分の生活費とローン以外に、子どもがいれば養育費、さらには慰謝料までと月々の出費が増え、資金繰りが大変になるケースが多いです。
 
:そのまま夫に支払ってもらいましょう。
夫が住むなら、あなたが支払う義務はありません。
 
ただし、妻が連帯保証人になっている時は、注意が必要です。
夫がローン返済できなくなると、あなたに支払い義務が発生します。
 
Qオーバーローンだとどうなる?
:財産分与しなくても、大丈夫です。
オーバーローンは、マイナスの資産になり財産分与の対象外になるからです。
ローンも家も引き取る形で、話を進めましょう。
 
:財産分与の請求ができません。
オーバーローンは、マイナスの資産になり財産分与の対象外になるからです。
夫が住むなら、残りのローンを払ってもらい折り合いをつけることで損をしません。
 

家を売却するケース

Q旦那名義の家を売却したら、財産分与はどうなるの?
:財産分与はしないでおきましょう。
売却した金額は自分のものになるからです。
 
ただ、妻から財産分与の請求があれば、しなければなりません。
金額は売却代金の半分ではなく、売却代金からローン残高と手数料を引いた額の半分になります。
 
:夫へ財産分与の請求をしましょう。
夫名義の家であっても、売却で得た利益の半分をもらう権利があるからです。
 
もらえる金額は売却代金からローン残高と売却にかかる手数料を引いた額の半分になります。
 
Qオーバーローンでも家の財産分与するの?
:家の財産分与はしなくても、大丈夫です。
オーバーローンは、マイナスの資産になり財産分与の対象外になるからです。
マイナス分の負担があるので、財産分与どころか借金しか残らない可能性もあります。
 
:家の財産分与請求はあきらめましょう。
オーバーローンはマイナスの資産なので、財産分与の対象にならないからです。
マイナス分が高額だと借金しか残らないこともあります。
 
Qオーバーローンだけど家は売却したい。どうしたらいい?
:不足分を一括返済できるよう現金で準備しましょう。
売却時に不足分を返済できれば、オーバーローンでも売却することができます。
不足分が高額になると、現金で準備することが難しいのでフリーローンでお金を借り人や売却をあきらめて人もいます。
 
:不足分を一括返済できるよう、旦那に準備してもらいましょう。
売却時に不足分を返済できれば、オーバーローンでも売却することができます。
お金が足りないとフリーローンで借りる人も多いですが、旦那名義で借りておけばあなたに返済義務はありません。
 
Qオーバーローンの不足分は誰が払うの?
:妻にも半分払ってもらいましょう。
妻に払う義務はありませんが、不足分を一括返済できないと売却することはできません。
ただし、基本的には妻が払う義務はないため、拒否されればあなたが払うしかありません。
 
:旦那に払ってもらいましょう。
マイナスの財産は、財産分与の対象とならないので、あなたに払う義務はありません。
ただ、不足分が多く一括返済できないと売却もできないため、不足分を折半して家を売却する夫婦もいます。
 
Q任意売却はどうですか?
:任意売却はできれば辞めておきましょう。
リスクが大きすぎるからです。
 
任意売却は、ローンを滞納している方が対象です。
ローンを滞納するとブラックリストに載り、新たに融資を受けることが難しくなります。
 
:任意売却しかできないのであれば、任意売却しましょう。
リスクもありますが、リスクを負うのは名義人の旦那だけです。
 
あなたには何も残りませんが、借金が残ることもありません。
 

まとめ

いかがでしたか?
離婚したら家をどうするか。
家はお金と違って半分に分けることはできません。
 
誰が住む?
売却する?
所有権は?
ローンは?
オーバーローンは?
と「離婚と家」には様々な問題が発生します。
 
ひとつ選択を間違うと、後から大きな後悔や思わぬ損害を受けることになります。
その選択を間違わないよう、しっかりと判断して夫婦で話し合わなければなりません。
この記事を参考に「離婚と家」で損しないよう、がんばってください!!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>