仮想通貨のウォレット4種類を徹底比較。初心者にオススメは?

f:id:nsys:20180118142031j:plain
どーもー!!
アラフォービットコイニストのびち子です。
日々、仮想通貨をリサーチしまくっている主婦です。
 
今回は、「ウォレット」についてお話しします。
・絶対必要なの?
・何に使うの?
・種類は?
うんうん、わかります。
びち子も最初はチンプンカンプンでした。
でも、大丈夫!
これを読めばウォレットの正体が判明します。
早速どうぞ!

ウォレットとは?

ズバリ!仮想通貨の財布よ。
でも、あの「財布」とは違うわよ。
ほら、仮想通貨ってデジタルデータじゃない。
500円玉や1万円札みたいに、実際財布にしまえるわけじゃない。
 
でも、保管する場所は必要なの。
たとえデータでもね。
 
びち子は「取引所」がしてくれてんじゃないの?って思ってたけど浅はかでした(汗)
取引所はあくまでも、取引(売り・買い)するところだからね。
つまり、取引のために一時的に仮想通貨を預かってるだけなの。
それ以外は、個人個人が「ウォレット」でガッツリ仮想通貨を管理する必要がある。
保管したり、送金したり、決済したりね。

 

ウォレットは安全が第一

となると、ウォレットって重要よね。
だって、自分の財産を預かる場所だもの。
すぐに盗まれるような財布だったら使いたくない。

もう少しウォレットのこと知りたくなったわよね?
よしゃ!びち子に任せとき!
キッチリ調べたわよ。
続けてどうぞ。

 

ウォレットは4種類あるってホント?

そう、1種類じゃないんです。
そこで、4種類の安全性、特徴、メリット、デメリットを調べたのでどうぞ。
※「安全性」が低い順に並べてみました。

 

取引所

f:id:nsys:20180118144251j:plain
安全性=超低い
正式には「ウォレット」じゃないんです。
でも、実際「ウォレット」として使っている利用者が多いのも事実。
ウォレットに移すのが面倒だから「取引所」で売ったり買ったりしたまま放置しちゃってるのね。
 
メリット
楽なところ。
 
デメリット
セキュリティ面で危険度が高い。
少額ならまだしも、高額なら根こそぎ持ってかれちゃう可能性も。
いつハッキングされるかわからないからね。
その他、手数料が高い。入出金の度に高い手数料がかかっちゃう。

 

オンラインウォレット

f:id:nsys:20180118144359j:plain
安全性=低め
インターネット上で利用するウォレット。
PCで使えるウェブウォレットと、スマホ用のモバイルウォレット(アプリ)とある。
IDとパスワードでログインして使うサービス。
 
メリット
いつでも使えるところ。
あとは決済が比較的簡単で楽なところ。
それに、導入が簡単ってところね。
アプリをインストールするだけで使えちゃう。
 
デメリット
常時ネットに接続してるため、安全面が心配なところ。
最悪の場合、仮想通貨をごっそり盗まれたり、フィッシング詐欺に遭うことも。
ひゃー怖い!!
でも、アプリによってはセキュリティ対策をガッツリしているものもあるから、そこまでビクビクしなくても大丈夫。

 

ローカルウォレット(デスクトップウォレット)

f:id:nsys:20180118144512j:plain
安全性=高い
前と同じ扱いで、オンラインウォレットとも言う。
でもこっちは、PCにインストールしてローカルで使えるの。
 
メリット
アプリと同様手軽なところ。
それに、オンラインじゃないから、安全性がその分高いと言えるわね。
 
デメリット
インストールしたり、初期設定が必要なところ。
PCが故障しちゃうと当然取引できなくなるし、ウィルス感染の可能性もあるからその分安全性が低い。
でも、一度インストールすれば後は使うだけだし、ウィルス対策しておけばまず大丈夫。

 

ハードウェアウォレット

f:id:nsys:20180118144535j:plain

※イメージ

今までの3つとは違って、専用の機器があるの。
機器の中に仮想通貨を保存するってこと。
USBでPCに接続して使う。
 
メリット
とにかく安全性が高いところ。
それにPCやスマホとも連携できるから慣れれば使いやすい。
 
デメリット
取り扱いが難しいところ。
故障したり紛失する可能性もあるわね。
それに、対応通貨が限られているところ。
中でも、最大のデメリットは機器が有料なところ。
TREZORで1万~2万円。
Ledger Nano Sで1.5万円する。
普通に、本物のお財布買えちゃうぐらいの値段するのね。

 

ペーパーウォレット

f:id:nsys:20180118144601j:plain
その名の通り、アドレスや秘密鍵を紙に印刷して保管する。
でも、びち子の周りで使ってる人、聞いたことない・・。
 
メリット
長期的に保管するのに便利なところ。
あと、紙だから保管が楽なところ。
 
デメリット
劣化しちゃうところ。
それに、紙に書いてあるプログラムがハッキングされるリスクもある。
あと、頻繁に使うには不向きだし、火事で燃えちゃったり、紛失しちゃうことも。

 

初心者にオススメなのは?

確かに、安全性が高いのは「紙」かもしれない。
でも、使い勝手からすると「オンラインウォレット」がオススメ。
 
とくに初心者が使いやすいのは、スマホのアプリだと思うの。
普段からいろんなアプリ入れて使ってるから、抵抗がない。
それに、まずは少額から始めるだろうしね。
だったら、オンラインウォレットで保管して、高額の仮想通貨を取引するようになったら考え直せばいいと思う。
 
そのかわり!!
IDとパスワードの取り扱いは要注意よ。
大事に保管してね。
あと、忘れたり紛失しちゃダメよ。

 

まとめ

仮想通貨のお財布が「ウォレット」。
しかも4種類あったわよね。
・オンラインウォレット
・ローカルウォレット
・ハードウェアウォレット
・ペーパーウォレット
 
最高に安全性の高いのは「ペーパーウォレット」(紙)かもしれない。
でも、初心者には扱いやすい「オンラインウォレット」、とくにスマホのアプリがオススメよ。
 
ただし、パスワードの管理には気を付けて!
びち子もオンラインウォレット使ってるけど、大事に保管してる。
それじゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>